診療時間

スタッフブログ

放置は危険!外反母趾とは? 台東区アクア鍼灸整骨院

放置は危険!外反母趾とは? 台東区アクア鍼灸整骨院

外反母趾って聞いたことはあるけどどんな症状?

台東区アクア鍼灸整骨院でも多くの方が外反母趾の症状でご来院されます。

そもそも外反母趾って?

足の変形ことで母趾(親指)の付け根が第2趾(人差し指)のほうに「くの字」に

曲がっている状態のことを言います。

角度が何度から外反母趾になるの?

母趾はもともと若干、第2趾のほうに曲がっていますが、

この角度が15度以上の方が外反母趾にあたります。

15°~20°⇒軽度

20°~40°⇒中度

40°以上⇒重度

女性に多い外反母趾

外反母趾は女性のほうが9:1の割合で多い症状です。

パンプスなど、指の変形を起こしやすい靴を履く頻度が高いことや、

男性に比べて女性のほうが筋力が弱いため起こりやすいと言われています。

特に高齢になるにつれて筋力低下が著明になり、より外反母趾の症状が悪化しやすくなります。

痛くなければ大丈夫?

外反母趾の角度がかなりきつくても「痛みがでない」かたもいます。

ただし、外反母趾により足のバランスが不安定になり、足の裏が痛くなる→足底筋膜炎

や膝痛、腰痛などの原因や足の付け根部分が居たくなる中足骨骨頭痛などの症状が発生しやすくなります。

また、いつ痛みが出てもおかしくない状態であることは間違いありません。

外反母趾にも種類がある?

●仮骨性外反母趾

親指の付け根にある骨が変形するタイプ

骨が出っ張って不自然な大きさになり、曲がって見えるように見えることが特徴で、

他のタイプのように親指が曲がることはありません。

●靭帯性外反母趾

外反母趾の中で最も発症例が高いタイプ

最初のうちは痛みを感じますが、症状の進行につれて痛みが引いてくることもあります。

悪化すると母趾の脱臼や強い痛みを伴う危険性があります。

●混合性外反母趾

仮骨性外反母趾」と「靭帯性外反母趾」が同時に起こるタイプ

親指の付け根にある骨が過剰に大きくなり、一般的に、30~40代以上の女性における発症率が高いです。

生まれつき母趾が変形している方もいますし、学生時代社会人になってからなど変形が目立ってくる年代は人それぞれです。

●ハンマートゥ性外反母趾

別名「浮き指」「指上げ足」とも呼ばれるタイプ

足指が縮こまったりそり過ぎたりしている状態がよく見られます。

合わない靴を履き続けるスポーツ障害の症状として見られ小学校から高校生で

スポーツをされる方に多い外反母趾でもあります。

 

外反母趾と一言で言っても、軽度~重度まで、また変形の仕方も様々です。

それぞれの症状に合わせての施術が必要になります。

 

#アクア鍼灸整骨院 #浅草橋の整骨院 #台東区の整骨院 #ストレッチボール #骨盤矯正 #マタニティケア #産後の骨盤矯正 #インナーマッスル #エルビオ #距骨矯正 #海外ボランティア #鍼灸 #アクア #アクアプラス #アクア鍼灸整骨院錦糸町 #東池袋オアシス整骨院 #距骨調整 #外反母趾治療

 

浅草橋アクア鍼灸整骨院

〒111-0053

東京都台東区浅草橋3丁目8−11

TEL:03-5833-6122

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅から徒歩3分