手首の痛み|台東区浅草橋で口コミ評判のアクア鍼灸整骨院

診療時間

手首の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スマホを持つと手首が痛む
  • パソコンを長時間操作する、楽器を演奏する、裁縫をするなど仕事や趣味で手を使うことが多く、徐々に痛くなってきた
  • 子どもを抱いていると手首が痛む
  • 転んで手をついてから手首が痛む
  • テニス・野球などのスポーツで手首を捻った

手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)はなぜ起きるのか?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

関節は筋肉の力を伝える「腱」があることで曲げ伸ばしができます。

腱は腱鞘(けんしょう)というトンネルの中を走行しています。手の使い過ぎによって腱と腱鞘の間で摩擦が起こり、痛み、腫れ、熱感を生じている状態が腱鞘炎です。

代表的な手首の親指側に発症する指を伸ばす腱の炎症をド・ケルバン病といいます。

また、手首の小指側の付け根が痛いという症状では腱鞘炎の場合とTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷の場合があります。

TFCCとは手首の小指側にあるクッションの役割を果たしている組織です。

ドアノブを回す動作や手首を小指側に曲げたとき痛むとTFCC損傷の可能性があります。

転倒して手をついた時、手首を捻った時にTFCC損傷を起こしてしまうケースと手首に負担がかかる仕事やスポーツを繰り返すことでTFCCが傷つくケース、年齢を重ねていく中で変性して痛みがでるケースもあります。

手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)が治らない・悪化する理由は?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

ド・ケルバン病の場合は、ホルモンバランスが変化する更年期や妊娠中、産後の方、手を多く使うスポーツや楽器を演奏する方に多く発症しますが、最近ではスマートフォンの操作、パソコンのタイピング、マウス操作の繰り返しにより若年層に発症するケースも増えています。

腱鞘炎の場合、使い過ぎが原因となることが多く打撲や捻挫のように受傷原因がはっきりしていない分処置が遅れ、気付かないうちに炎症が広がり悪化してしまいます。

手首の痛みは日常生活で手をたくさん使うため安静にすることが難しく炎症を繰り返しやすい部位です。

また、年齢を重ねると腱や腱鞘といった組織は硬くなり血行不良になりやすく、回復にも時間がかかります。

悪化すると手術が必要になりますので痛みは我慢せず軽いうちにケアすることが重要です。

台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院の手首症状の施術方法とは?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院では手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)に対して、急性期にはアイシング、マイクロカレント、ハイボルテージなどの電気機器、超音波機器を使ってアプローチしてきます。

また、手首の曲げ伸ばしをするのは腕の筋肉です。肘から手にかけて走っている筋肉、腱が働くことで手首の曲げ伸ばしができます。そのため腕の筋肉の緊張をとり、筋肉が本来の動きができるように患部外からも症状改善のアプローチをしていきます。

日常生活で手を使わずに過ごすことはできません。

スマートフォンの普及で手首への負担は大きくなっていますし、安静保持できないからこそ手首(腱鞘炎・TFCC損傷)の痛みは繰り返しやすい特徴があります。

台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院では再発予防、根本改善にむけて姿勢改善のサポートも行っています。

姿勢が悪くなり、肩甲骨の位置がずれると肩関節が動かしにくくなり、運動連鎖が起きた結果、手首の負担が大きくなり痛みへと繋がっている可能性があるからです。

姿勢の悪さの原因を検査し、原因となっている筋肉へアプローチします。

硬くなっている関節、筋肉には柔軟性をつけ、弱っている筋肉は鍛えていき根本改善を図ります。

  • 産後骨盤矯正初回限定2,980円

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅から徒歩3分