診療時間

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足がしびれたり痛む
  • 腰やお尻の辺りが痛い
  • 前かがみや椅子に座るとしびれや痛みが強くなる
  • 足がもつれたりして歩きづらい
  • 尿が出にくい、便秘気味

腰椎椎間板ヘルニアはなぜ起きるのか?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

身体の中心には24個の椎骨(ついこつ)という骨が積み重なることでできている脊椎(背骨)があります。

それぞれの部位に対応して頚椎、胸椎、腰椎という名前が付いていますが、1個1個の骨のの間にはクッションの役割を果たしている”椎間板”というものがあり、背骨を形成しています。

椎間板は中身がゼリー状の組織(髄核)で構成されており、体に受ける様々な衝撃を受け止めてくれていますが、上下からなどの縦方向からの圧力に強い反面、曲げたり捻るという方向には比較的弱い性質があります。

そのため体を強く捻ったり、腰を曲げた状態で重たいものを持ったり長時間の不良姿勢により、椎間板の中身であるゼリー状の組織が外に飛び出してしまい、神経や組織を圧迫することで坐骨神経痛といわれるようなしびれや痛みなどが出てしまうことがあります。

背骨のどこにある椎間板でも起こりうる可能性はありますが、特に日常生活において負担のかかりやすい腰椎で起こることが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアは、その他喫煙や交通事故によって引き起こされることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアが治らない・悪化する理由は?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中身である髄核が飛び出して神経や組織を圧迫することによって症状が引き起こされます。

痛みの強い急性期ではできるだけ安静にし、背骨に負担をかけないようにしながら鎮痛剤や神経ブロックなどの治療により痛みを和らげるようにしていきますが、その後も炎症が長く続いてしまうと症状も長続きしてしまいます。

また、髄核による圧迫がなくならないことにはいつまでもしびれや痛みが出てしまうことになるので、飛び出たままでも症状がずっと出てしまう場合が多いです。

症状の種類や強さによっては手術という手段を選ぶ必要があるかもしれません。

神経が圧迫されることにより足や体の力が入りにくくなり、筋力低下が引き起こることも症状が悪化・長引いてしまう原因の1つです。

筋力が低下することによりますます不良姿勢になったり、運動量の低下から血流が悪くなり治りを遅くしてしまいます。

そのためなるべく痛みを抑えるのと同時に、背骨に負担をかけないような姿勢づくり、身体の使い方への意識、適度な運動が必要なので再発予防に努めることも大切です。

台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院の腰椎椎間板ヘルニア症状の施術方法とは?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

まず大切なことは、痛みを早く取り除くことです。痛みが続いてしまうとさらに周辺の筋肉が硬くなってしまい痛みが強くなってしまうことがあります。

そのため、痛みが出ている部位、または痛みの部位に負担をかけている脚や殿部、背部などの部位に手技療法や電気治療、鍼灸治療等によってアプローチし、痛みの改善をはかります。

その後症状の再発を予防するために筋肉の柔軟性をつけていく必要があります。

筋肉等がかたいままだと同じところにばかり負担がかかりヘルニアが酷くなってしまうことがあります。

背骨に負担をかけないためには普段からの姿勢もとても大切なので、台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院では運動をしながら体の使い方や正しい姿勢を一緒に作っていきます。

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅から徒歩3分