診療時間

根本改善

  • 根本改善

腰痛

  • 患者様の輪

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長時間の立ち姿勢で腰から足にかけて強い疲れを感じる
  • デスクワーク中に腰に不快感を感じる
  • ギックリ腰を経験し、今でも慢性的な腰痛がある
  • 腹筋運動で腰が痛い
  • 前屈(深いお辞儀)をすると腰が痛い
  • 靴下を履くときに腰が辛い

腰痛はなぜ起きるのか?|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

何年も、整骨院や整体などにいって腰のケアをしているのに、腰痛の痛みが取れない方。年齢を重ねることにより、さらに辛さが増している方。テレワークになって初めて腰痛を経験する方など、腰痛が日常生活のネガティブ要因となっている方が多数いらっしゃいます。

腰痛はなぜ起こるのでしょうか?

一言で腰痛といっても、骨や関節の問題がある場合、筋肉、内臓、自律神経、メンタルに問題があるなど、原因は様々です。

また、いくつかの原因が複合的に絡み合っていることもあります。

痛みを感じる場所が腰だからといって、腰に電気をかけたり、マッサージしたりしても、一時的には楽になっても、すぐ痛みが戻ってしまうのは、本当の腰痛の原因が、腰にない場合も多いからです。

痛みとは、ある意味、身体からのメッセージです。

腰痛をきっかけとして、自分の身体に意識を向け、身体の使い方を見直し、今後痛みを再発しない身体づくりを始めることが出来たら、「腰痛は辛かったけど、それをきっかけに健康な身体づくりスタート出来た!」そんな風に、思っていただけるのではないでしょうか。

腰痛をきっかけに、ポジティブライフへと転換して頂けるよう、アクア鍼灸整骨院のスタッフ一同、誠心誠意、皆様の痛み改善に取り組んでいきます。

ここでは慢性腰痛の原因を、3つご紹介していきます。

1.長年の不良姿勢からくる腰痛

~何気ない姿勢の悪さが、骨や筋肉に大きな影響を与えていきます。

背骨や骨盤に歪みがでれば、当然そこについている筋肉もアンバランスになり、特定の筋肉に負荷がかかり血流を悪くし、コリをつくり、老廃物を滞らせ、痛みを発生させます。

施術を受けて改善しても、不良姿勢を直していかない限り、痛み再発の繰り返しです。自分としては、胸を張っていい姿勢だと思っていた姿が、反り腰になっていて、実は腰痛の原因になっていることもよくなります。

2.身体の柔軟性不足からくる腰痛

~長時間同じ姿勢が続いて筋肉が硬くなると、柔軟性がなくなります。例えば、デスクワークが続くと、太ももの裏の筋肉が硬くなります。その硬くなった筋肉は、お尻や腰の筋肉にも悪影響を及ぼし、痛みを引き起こすこともよくあります。

3.間違った身体の動かし方や、筋力不足からくる腰痛

~例えば、荷物を持ち上げる時、股関節をしっかり動かすことができ、お尻や背中の筋肉をしっかり使うことができれば、腰に負担なく作業をすることができます。でも、正しい身体の動かし方を知らなかったり、そもそも筋力不足だったりすると、腰に間違った負荷をかけてしまい、痛めてしまうことがあります。

アクア鍼灸整骨院の強みは、パーソナルトレーニングのメニューもあることです!ただ単に汗をかくためだけのトレーニングではなく、正しい身体の使い方、アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルをしっかり鍛え体幹を安定させた上での筋力アップをご提供していきます。

台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院では、問診・検査をしっかりと行い、皆様の腰痛の原因を見つめ、解決する一番の近道をご提案していきます。

マッサージや、電気治療、鍼灸にストレッチ、トレーニングなど、たくさんのメニューの中から、あなたに最適なオーダーメイド治療をご提供していきます。

是非、台東区浅草橋アクア鍼灸整骨院で、自分史上ベストなお身体のコンディションをつくっていきましょう!

Q&A|台東区浅草橋 アクア鍼灸整骨院

Q:腰痛にはどんな種類がありますか?

A:
1、 長年の不良姿勢
普段の姿勢の悪さが、骨や筋肉には大きな影響を与えます。
そこで背骨や骨盤に歪みが生じれば、当然付随する筋肉もバランスを欠き、特定の箇所に負荷がかかって血流を阻害、コリが生まれ老廃物を滞らせる結果痛みが発生します仮に施術で改善しても、この不良姿勢を直さない限り、痛みは繰り返します。胸を張って良い姿勢だと思っていたが、実は反り腰になっていて、腰痛の原因になっていることも多々あります。

2身体の柔軟性不足
上記の理由で筋肉が硬くなると、次第に柔軟性がなくなります。例を挙げると、デスクワークが続くと太ももの裏筋が硬くなります。それがお尻や腰の筋肉にも悪影響を及ぼし、痛みを引き起こすこともあります。

3.誤った身体の動かし方、筋力不足
荷物を持ち上げる時には股関節を正しく動かすことができ、お尻や背中の筋肉もしっかり使うことができれば、そもそも腰に負担をかけずに作業をすることができます。しかし、正しい身体の動かし方を知らなかったり、そもそも筋力不足だったりすると、腰に間違った負荷をかけてしまい、痛めてしまうことがあります。

Q:急に腰が痛くなった場合どうすれば良い?

A:急に腰が痛くなったときは、原因にもよりますが日常生活で出来ることは自分で行うようにして下さい。安静を続けるよりも早く良くなることが分かっています。
コルセットなどをお持ちなら使って構いません。ただしコルセットは予防にはならないので、痛みが楽になったら再発予防のために運動なども取り入れることをおすすめします。
2~3日で楽になってくるようであれば、少なくとも急を要する状態ではないと思われます。受診するのは、ある程度痛みが落ち着いてからでも構わないでしょう。

もし症状が激烈であったり、強い痺れや麻痺が出現した場合、また、日増しに痛みが強くなる場合などは、早めの受診をおすすめします。

Q:腰痛で整骨院に行ってもいいですか?

A: 「腰痛ぐらいで…」と思われてなかなかご来院されない方も多いです。
「腰痛」といっても、首が原因だったり、柔軟性の低下、骨盤の歪みが原因となっているなど、人によって様々な原因が考えられます。当院は、お身体全体から原因を見極めたうえで、お一人お一人に合った施術を行っていますので、安心してご来院ください。

Q:健康保険は使えますか

A:ご利用いただけます。

以下のような場合、当院で健康保険をお使いになれます。
●骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷の治療
●日常生活、スポーツ等の反復動作によって生じた筋・腱の痛み治療
●筋・腱の断裂に対する治療
・走る、ジャンプ、屈伸動作等の肉ばなれ、腱の断裂の治療
●日常生活の中での筋肉損傷による痛みの治療
 ・様々な動作の中での関節周辺の痛み
 ・かがむ、物を持ち上げる動作等のギックリ腰・腰痛
 ・着替えや振り返り動作等の首の痛み

「原因がわからないけど痛みがある」といった場合でも、お身体をみていく中で原因がわかることがよくあります。
まずはお越しになってご相談ください。

  • 産後骨盤矯正初回限定2,980円

執筆者:
院長 岡本達也

中学・高校と部活でハンドボール部に所属していました。毎日練習をするなかで、腰を痛めたり、足首の捻挫をしてしまうことがありました。
その時治療やテーピングなどのサポートを行ってくれたのが柔道整復師の先生でした。私もスポーツや日常生活で身体を痛めてしまった方々をサポートしていきたいと思い、治療家になりたいと思いました。
治療家になった今は、トレーニング指導を行い、競技力・生活の質の向上も積極的に行いたいと思い日々活動しております。
身体の痛み改善だけではなく、ケガの再発予防、スポーツでのパフォーマンス向上、「あの頃のように○○したい」というお悩みに対しても全力でサポートさせていただきたいと思います!

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅西口から徒歩5分