診療時間

スタッフブログ

腰痛コルセット|浅草橋アクア鍼灸整骨院

腰痛コルセット

現代の国民病とも言われる腰痛は、今や日本人の三分の一が発症するものの、その8割の原因が不明とされる厄介な症状の一つです。

浅草橋や池袋東口にある私たちアクア整骨院やオアシス整骨院でも毎日非常に多くの患者様が腰痛を訴えて来院されています。

 

もしも腰の痛みが出てしまった時の対処法で最も良いとされているのは安静固定法です。

しかし、必要な固定をしたうえで治るまで横になり続けるということは色々と難しいと思います。

そこで私たち浅草橋アクア整骨院や医療機関でもコルセットを処方しています。

コルセットで腰部を安定させることによって痛みが軽減し、安心感を得ることができます。そのため、腰痛が治った後もコルセットをつけ続ける方も多くいらっしゃいます。

しかし、コルセットをつけ続けると起きてしまう障害もあるため、実は注意が必要です。

 

コルセットにはいろいろな種類があり、腰痛の痛みの原因に応じて使い分けが必要ですが、大きく分けて軟性と硬性の2種類があります。

軟性コルセットは通気性の良いメッシュ系の生地に支柱が編み込まれていて脊柱の安定化や腹圧の上昇などの効果を持っています。

硬性コルセットは外科的な手術の跡などに使用されることが多く、プラスチックなどの硬質な素材によって脊柱の動きを制限することが目的となります。

私たち浅草橋アクア整骨院でも、これらを効果的に使い分けて治療に役立てています。

 

一見効果的に見えるコルセットですが、腰部に使い続けることで起こる障害としては、

・筋力の低下

・内蔵機能の低下

・姿勢の悪化

などがあげられます。

本来は筋肉によって支えられている脊椎ですが、コルセットで補助されることによって筋肉が怠けてしまい、徐々に筋力が低下したり、

コルセットによる腹部の圧迫で内蔵機能が低下し、胃の不快感や身体の倦怠感を引き起こしてしまうこともあります。

そしてその腹部への圧迫のせいで、猫背となり、首や肩にまで負担がかかる姿勢になりやすくなり、最終的にはより一層の負担を腰部にかけることとなってしまうこともあります。

 

つまりは、腰痛治療の補助とされるコルセットのせいで、必要とされる腰部の筋肉が弱まり、腰痛がなかなか治らなくなってしまったり、内蔵の圧迫や筋肉量の低下によって体温が低下して冷え性や免疫力の低下にもつながってしまうことになります。

 

だからといってコルセットを使うなといっているわけではありません。

コルセットを効果的に使えば治りを早くすることができます。

大切なことは、コルセットだけに頼るのではなく、時にはコルセットを外してトレーニングをすることでで、腰痛の再発予防につながるということを覚えておいていただければと思います。

私たち浅草橋アクア整骨院や池袋東口オアシス整骨院では、こういったアドバイスも積極的に行っておりますので、ぜひ気軽においでください。

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅から徒歩3分