診療時間

スタッフブログ

眼精疲労はマッサージで解消できる?|浅草橋アクア鍼灸整骨院

眼精疲労はマッサージで解消できる?

ステイホームが続くなか、パソコンやスマホ画面を見続けていると、目の痛み・疲れ・頭痛や肩こりなどを感じたことはありませんか?

 

実は、このような症状が『眼精疲労』によって引き起こされている可能性があるのです。

照明やパソコン画面からの光刺激(ブルーライト)がある環境、空調の風が当たり目が乾燥する場所での作業は、さらに疲労を悪化させる要因にもなります。

他にもハウスダストや紫外線、化学物質、騒音などが影響することもあり、合わない眼鏡やコンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズなど)の長時間使用なども眼精疲労につながります。

他にもストレスからくる自律神経の乱れから、涙の量やまばたきが減って眼精疲労が起こるケースもあります。

 

そういったつらい時は目薬を使ったり温めたり、自分でマッサージしたりしますよね。

その際に意識していただきたいのは、まぶたの開け閉めに大事な眼輪筋(がんりんきん)と眉の上にある皺眉筋(しゅうびきん)です。

この2つが凝ってしまうとまぶたが重くなり、眉間のシワも深くなってしまいます…!

浅草橋アクア鍼灸整骨院でも、目元のマッサージをする際にはアプローチしているポイントになります!

 

女性からはよく「マッサージはシワになりませんか?」というお声をいただくことがありますが、大丈夫です

そもそもシワはコラーゲンの減少、傷み、紫外線での皮膚へのダメージなどによってできるものなので、マッサージでシワが増えることはありません。(マッサージではなく、こすってしまうとシワのもとになるので注意してください)

疲れた目もとは決して相手に良い印象を与えません。

自分で目のまわりの筋肉をほぐすとむくみがとれ目もパッチリ!印象も良くなっていきますよ。

 

◆マッサージ方法◆

●眉毛の下にある「くぼみ」を親指で外側へ10回ほど押す。

 

●鼻の付け根を親指と人差し指でつまむようにして、上へ4回ほど押す。

 

●人差し指でこめかみを優しく10回ほど押しながら回す。

 

●下まぶたから指1本分下の部分を、人差し指で優しく10回ほど押し回す。

 

それから併せて行って欲しいのが「後頭部」へのマッサージです。

それは、後頭下筋群という小さな筋肉が関係しており、こちらが首や頭が目の動きと連動するのを制御する働きがあり、目の酷使は後頭下筋群の酷使へと繋がるからです。

また、後頭骨と頚椎へと繋がっているため、眼精疲労に関係する自律神経とも密接なのです。

目と後頭部をセットでもみほぐしてあげましょう。

 

●手のひらを首の後ろに当て、つまむようにもみほぐすマッサージをして下さい。

これで同時に目の疲れに効く「風池」というツボも刺激できます。

 

さらに、後頭下筋は姿勢保持をするときも頑張ってくれています。

悪い姿勢や猫背で背骨回りの筋肉も硬くなり、さらには体全体も硬くなってしまいます。そこまで進むと『プロの施術』が必要となります。

その時はぜひ、浅草橋アクア鍼灸整骨院にご相談ください!

 

ご自分でのマッサージの際に道具は必要ありません。

手指の腹部分でツボを優しく押しながら小さな円を描き、決して爪を立てないようにしながら、気持ちいいと感じる強さを意識しましょう。

10~15回程度を目安に押すと、目の周りがスッキリしてきます。

 

マッサージのタイミングは、入浴後などの血行が活発でリラックスしている時が良いでしょう。その際は落ち着ける静かな環境でおこないましょう。

 

当然、スマホやPCの画面からは必要時以外は目を離し、遠くを見るようにしましょう。

あらかじめスマホのアラーム機能を使うのもおすすめです。

何よりも、目を意識的に休ませてあげることが大事です!

 

眼精疲労を放っておくと、他にも症状がでてきてしまいます。

『眼精疲労くらい』と思わず、ご自身の身体に目を向けてみませんか?

お気軽に浅草橋アクア鍼灸整骨院にご相談ください♪

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院 03-5833-6122
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-8-11藤和シティコープ105
アクセス
浅草橋駅から徒歩3分